サイト内を検索
広めよう!
最近のコメント
関連書籍
オンライン状況
3 人のサポーターが現在オンライン中です。 (2 人のサポーターが がんばれブログ を参照しています。)

もっと...
カウンター
本日
昨日
累計
FROM 2017/1/12

カテゴリー:何が問題か?

1 / 11

はじめての方へ ー 2.何が問題か?

あまりにもひどい!上原公子さんへの仕打ち

(1)市民の請願に基づく行政行為で「上原さんだけ」を訴えるのはなぜ?
 上原さんの行為は5万人にものぼる請願を起こした人々の願いと、国立市議会の決議にもとづいています。また市長選挙では1万7千人の有権者が上原さんを支持しています。いわば議会を含む国立市民の総意(オール国立)として行われた市民自治です。それなのになぜ上原さんひとりだけに「賠償」を押し付けるのでしょうか?二度と市民が立ち上がらないように、古い政治家たちによる市民への見せしめとしか言えません。

(2)市長としての正当な「行政行為」なのに「個人」を訴えるのはおかしい!
 大手マンション業者との景観訴訟は上原さんが個人で勝手に行なった行為ではなく、「国立市の意思」として、その行政手続を踏んで行なった、民主的で正当な「公務」です。それなのになぜ上原さん個人に賠償請求するのでしょうか? まるで上原さんが個人的に横領でもしたかのようなひどい扱いです!中央べったりの地域ボスたちによる、上原さんや市民自治に対する強い憎しみを感じざるを得ません。

(3)損害など1円も出ていないのに、「損害賠償」請求するのは二重取り!
 自公市政は民事訴訟でマンション業者を意図的に勝たせた上で、対するマンション業者が受け取った賠償金をそっくりそのまま国立市に「寄贈」しました。つまり国立市は「損害」などまったく出ていません。その上で上原さんに請求するやり方は、まさに「二重取り」ではありませんか!ただただ上原さんを痛めつけて市民自治の芽をつむことだけを目的にした、あまりと言えばあまりにも破廉恥な手法と言わざるを得ません!
この投稿の続きを読む »


1 / 11