サイト内を検索
広めよう!
最近のコメント
関連書籍
オンライン状況
9 人のサポーターが現在オンライン中です。 (3 人のサポーターが がんばれブログ を参照しています。)

もっと...
カウンター
本日
昨日
累計
FROM 2017/1/12

カテゴリー:事実経過

1 / 11

はじめての方へ ー 1.事実経過

市民の要望に応えて市長の公務を執行した上原さん個人に4500万の賠償請求?このサイトを訪問されたあなたへ

■ふるさとを守れ 立ち上がった国立市民

 国立市の大学通りはみごとなサクラとイチョウの並木道が続いています。国立市民がみずから植え育ててきたこの美しい並木道は「新東京百景」や「環境色彩10選」、「新・東京街路樹10景」、「新・日本街路樹100景」等にも選定され、市民のいこいの場となっています。美しい景観は国立市民の誇りでもあり、市民みんなの共有の財産でした。

 ところが、あろうことかここに大手マンション業者による高層マンション建設計画が持ち上がったのです。「美しい景観が壊される!」と怒った市民たちが起ち上がり、建設反対を訴えました。反対署名は5万筆もあつまりました。そして1999年の国立市長選挙には市民の期待をになって立候補した上原公子さんがみごと当選!2003年の選挙でも1万7千票を超える得票で上原さんが再選されました。国立市民多数の「建設反対」の意志はここにはっきりと示されました。国立市議会も動きます。市民の請願に基づき、並木の高さ20メートルを超える建築を禁止する条例が議会によって制定されたのです。
この投稿の続きを読む »


1 / 11