2・11「くにたち上原景観基金1万人の会」発足&報告集会へ!

“その4500万円! 元市長ひとりに払わせない!!”
2/11(土)「くにたち上原景観基金1万人の会」発足&報告集会

2.11_立ち上げ集会ビラ裏 2.11_立ち上げ集会ビラ裏
(チラシ クリックで拡大)

■日 時:2017年2月11日(土・祝) 18:00~20:00 (17:45開場)
■会 場:さくらホール(商協ビル2F)国立市東1-4-6

 JR国立駅南口改札より徒歩1分(旭通り入口、日高屋ラーメン右のビル)
 地図:http://www.k-shokyo.com/k-shokyo/access.html
■参加費:1000円(資料代含む)
■共 催:くにたち大学通り景観市民の会/くにたち上原景観基金1万人の会(準)

 問い合せ先:080-3396-1491(小川) Email:daigakudori@gmail.com

■お誘い
 最高裁判所は、昨2016年12月13日、上原公子さんが国立市から3,120万円の支払いを求められていた訴訟について、上原さんの上告を「棄却・上告不受理」する決定を下しました。
市民の要望と公約に従って景観保全をすすめた元市長個人に対する賠償の結果(遅延損害金含めて約4,500万円)は、驚きをもって受け止められ、マスコミ各紙が報じました。
司法判断としては、これにより、上原さんの支払い義務が確定してしまいました。
 当時、オール国立で大学通りの景観を守ろうとした市民として、その賠償金を上原さんひとりに払わせないと決意しました。その決意に対して、各界よりご賛同いただいている「呼びかけ人」は100人になりました。また、すでにいくつもの勝手連が立ち上がっています。集会には、それぞれの代表者が参加されます。
 皆さま、どうぞ、お誘い合わせの上、お出かけください。

集会プログラム
■上原求償裁判・報告:上原公子さん/弁護団団長・窪田之喜弁護士
■「くにたち上原景観基金1万人の会」発足について  
 ・社団法人設立・代表と事務局の紹介:
  佐々木茂樹(「景観市民の会」)/窪田之喜(弁護団より)/山内敏弘(一橋大名誉教授)
  斉藤駿(カタログハウス)/佐藤和雄(小金井前市長)
  事務局長:小川ひろみ(「景観市民の会」)
■100人の「呼びかけ人」より発言
 吉原毅さん(城南信用金庫相談役)/鎌田慧さん(ジャーナリスト)/
 小林緑さん(国立音大名誉教授)ほか
■各地域の勝手連より
 ひろ子がんばれネット・高野幹英さん/昭島・市政ウォッチンング・大嶽貴恵さん/
 景観と住環境を考える全国ネットワーク・上村千寿子さん/
 市民ネットワーク千葉県・大野博美さん ほか
■歌による応援 ドラゴンママDRAGON MAMA(室田清子さん)


トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ

1 / 11